サンガこども園
相模原市南区新戸5195-4

勝坂遺跡公園

保育目標

【私達が思い描く子ども像です。】
アイコン 自分を信頼し、他人を信頼できる子ども
 信頼関係は大人との相互関係の中で身に付いてきます。つまり、それは愛情豊かで思慮深い大人の保護、世話等が日々成長する子どもたちに良い影響を与えるです。
アイコン 心豊かで思いやりがあり、みんなと楽しく遊べる子ども
 他人の様々な気持ちに気づき、感じ取り、その気持ちをお互いにやりとりする。そこに「思いやり」の気持ちが生まれてきます。子ども自身が感情を表すことや、大人に受け入れられる体験などで次第に身に付いてきます。
アイコン 良く遊び、良く食べ、良く寝る元気な子ども
 子ども達は「遊び」を通して社会性や自己が形成されます。とくに社会性は自然に身に付くものではありません。異年齢の集団の中で良き大人の指導の下で形成されます。

保育方針

アイコン 子どもたちは豊かに伸びていく可能性をその内に秘めています。現在を最もよく生き、望ましい未来を作り出す力の基礎をつちかうこと、それを支援することは私たち保育者の使命です。サンガこども園はそのために、「少人数でひとりひとりを大事に信頼関係を築くことを基本に、子どもの情緒の安定や生活習慣の自立を目指して」保育します。

保育内容

アイコン サンガこども園の保育内容は次の三つの分野に分けることができます。
・【生活経験】 ・【表現活動】 ・【自然への親しみ】
 幼児教育というと歌や絵画制作、リズム遊びなどというような伝統的なものがありますが、それはそれとして幼稚園などで長い間につちかわれてきたもので、意味深いものを持っています。しかし、子どもの生活の場として保育園の1日を考えた場合、それだけでは十分ではありません。サンガこども園の保育内容は子どもの「生活」そのものをとらえて、子どもの精神的、身体的健康を支援する内容をも含むものとなっています。

▲ページトップに戻る